ストレスが大敵になる不妊では早めに受診し漢方を使用することが大切

不妊で悩んでいませんか?

増加する二人目不妊の様々な原因

みなさんは「二人目不妊」という言葉をご存知でしょうか?二人目不妊とは、第一子を出産したにもかかわらずその後に妊娠できない状態を指します。実は現代の日本ではこの二人目不妊に陥る女性が増加傾向にあります。一度は妊娠できたのに、二人目ができないなんておかしい、自分は子供を生むことが出来るはずだと考えるお母さんが多いでしょう。女性が子供を産めないという状況は、周囲や本人が考えている以上にショックなことでプライドを深く傷つけます。まずは、その原因を詳しく分析する必要があります。
◆二人目不妊の原因として考えられる要因二人目不妊の原因としては以下のようなものが考えられます。・年齢があがったことでの卵子の老化・夫婦間の性交渉の減少・日常的な育児や仕事でのストレス・出産後のホルモンバランスの乱れ・元々不妊の原因があった第二子の出産は、当然第一子の出産時よりも年齢が上がっています。そのために妊娠に重要な卵子や精子の働きも悪くなっています。そして女性は加齢により子宮内膜症や子宮筋腫などの婦人病にかかる割合が高くなってしまいます。特に病気やストレスなどで卵子の働きは大きく低下します。
また、元々不妊症だったという場合もあります。第一子出産の時は、たまたま妊娠できたけど、加齢や出産後のホルモンバランスの変化などで不妊体質がより強くなっている場合があります。原因が複数あるため特定しづらいと言うのが現状です。

TOP